OLの悩み

女が一生独りで生きていける仕事とは?女一人で生きていくには貯金だけじゃダメ

アラサー世代になってくると、今後自分の人生の中で「私は結婚できないかもしれない」と思うことがあります。

実際、年々女性の晩婚化や未婚率が高まってきていますよね。

 

また、今は結婚していたり彼氏がいても、これからの長い人生の中で独りぼっちになってしまうこともあるかもしれません。

私自身、結婚を約束した彼がいますが、ふとしたときに「この先何十年も一緒にいたら、あるとき心変わりする可能性もあるのかな」とか「もし彼が病気になったり事故にあってしまったら?」と考えて不安になることもあります。

 

こう考えると、女性が一人で生きていくためには不安も大きいです。とくに「お金」に関する不安要素は大きく、働き方や資格の取得、貯金などさまざまなことを考えるでしょう。

一方で、「正社員として働いているから大丈夫」と安心している人もいるかもしれません。

 

でも、今の時代どんな大企業に勤めていたとしても、正社員は女が独りで生きていける仕事ではありません

 

女性が一生独りで生きていける仕事は「定年まで働くこと」ではない

 

今は女性が会社で働くのは当たり前のことで、正社員や契約社員、派遣社員、パートなど、自分のライフスタイルにあった働き方を選びやすい環境が整備されています。

結婚して子どもが産まれて、時短勤務や派遣社員を選ぶ女性も増えていますが、一方で今後結婚しないことを想定して正社員として働き続けることを選択している女性も多いですよね。

でも、女一人で生きていくには「大手企業の正社員なら安心」と思っていてはちょっと危ないです。

 

なぜなら、今の日本の労働市場はどんどん縮小していて、たとえどんな大企業であっても倒産するリスクがあるからです。

大学を卒業してから結婚せずにOLとして仮に60歳まで働くとして、今の時代に40年間ずっと安定して経営が続いている会社はどれくらいあるでしょうか?

 

40年って、人間の人生で考えるととても長い期間ですよね。

40年前の1970年代は公衆電話がいたるところにありましたし、やっとカラーテレビやファミコン、ゲームボーイ、ウォークマンやコンパクトな電卓が登場した時代です。当時は500円玉はなく、500円と言えばなんとお札でした…!

40年という時間の流れの中で、こんなに世の中は大きく変わってきているわけで、一生安泰の大企業と言われた東京電力やシャープなどの企業はことごとく不安定になり、人生を大きく狂わされた従業員もたくさん出ました。

つまり、ずっと定年まで今の会社で正社員として働けると考えることは、「あまりにも世間知らず」と言わざるを得ません。

今働いている会社が、他の会社に買収されたり、業務整理などである日突然会社から追い出されることもありうるわけで、独身OLは常にリスクと隣り合わせだと思っておいた方がいいでしょう。

 

参考:食いっぱぐれない仕事を探すOL女子に朗報!意外な安定した仕事とは?

女性が独りで生きていく裏側

 

正社員でも安泰ではないお話しをしましたが、女一人で生きていくことはどういうことなのか、きちんと理解しておきましょう。

 

まずは住居。家を購入するつもりがなく、一生賃貸で考えている場合には、定年後も同じ家賃を払い続けていくことができるのか、考えておかなければなりません。

住宅を購入する場合でも、定年までにローンを完済できるのか、その後の維持費を支払うことはできるのかについて考慮しておく必要があります。

 

両親の介護についても想定しておきましょう。

兄弟・姉妹がいる場合には協力していくこともできますが、結婚していないとなると両親と同居して自分がメインで介護していく生活になることも考えられます。

 

さらに自分の老後についても考えておくべきです。

生活費や医療費など、定年後の人生を生きていくためにはどれくらいお金が必要なのかを把握しておかなければなりません。

でも、私たちの世代が老後になったときに年金がどれくらい出るかわかりませんし、貯金を切り崩して生活していくのはとても不安ですよね。

 

結婚することを選択せず一人で生きている場合には、老後に一緒に過ごす旦那さんもいなければ心配してくれる子どももいません。

困ったときに頼れる人がいないと、体調が悪いときでも一人でなんとかしなければならず、お金に困っても頼れるのは自治体だけという、寂しい老後生活になってしまいます。

私-SARA-
私-SARA-
そう考えると、「定年まで働いてその後は一人のんびり悠々自適な生活をしたい」と言っている場合ではないですね。女性でも定年後も一生稼ぎ続けることを視野に入れておいた方がいいかも!

 

旦那さんに頼ることができない女性の場合、「不測の事態が起きても収入ゼロにならない状態」を保つことが大切です。

 

不安定な世の中を女一人で生きていくならネットビジネス

 

この不安定な世の中で、これから女性が一生独りで生きていくためには、いつクビになるともわからない会社に頼らず、自力で稼いでいく必要があります。

でも、大丈夫。今は個人がビジネスで活躍しやすい時代なんです!

女性が一人で自力で稼ぐための具体的な方法は、場所や時間を問わない仕事、つまり「ネットビジネス」です。

ネットビジネスの可能性

ネットビジネスにも、様々な種類があります。たとえば次のようなもの。

  • ブログ
  • ネットオークション
  • Amazon/Yahoo物販
  • コンサルティング
  • Google Adsense
  • アフィリエイト
  • メルマガ
  • YouTube

 

これらは、完全に個人で完結することができるし、自宅からほとんど出ることなく稼げるので、OLとして働きながら帰宅後や休日に副業として仕事ができます

この他にも、クラウドソーシングサイトを経由した記事ライティングやホームページ作成、システム開発、アプリ開発、デザインなどの仕事を個人で受注して稼ぐことも可能。

 

多くの人が知らないんですが、実はインターネットの力を使えばお金を稼ぐことはそれほど難しくないんです。

私-SARA-
私-SARA-
副業を始めて稼げるようになってから思うことは、なぜみんな「お金がなくて将来が不安」と言いながら、ネットビジネスをやらないのかということ。目の前にあるチャンスに気がついていないんですね。

 

ネットビジネスの中でも私が女性にとくにおすすめしているビジネスがあります。

詳しくは以下の記事からどうぞ♡

参考:ネットビジネスを副業にしたい初心者は何から始めるのが正解?

 

ネットビジネスが一人で生きていく女性に向いている理由

 

ネットビジネスなら、始めるための初期費用はほとんどかからないので、うまくいかない場合でも、次のビジネスに方向転換しやすいのも魅力です。

また、副業がうまくいくようになると、副業からの収入が本業の収入を越えることも珍しくなく、そうなってくると会社に依存しなくても自分だけで生活していけるようになります。

このため、「いつかクビになるかもしれない」と怯えることなく、老後に備えた貯金も十分に可能です。

 

会社の仕事は労働時間に対してお給料が支払われるけど、ネットビジネスは一度仕組みができ上がると、働かなくても収益を生み出してくれます

そのため、ケガや失業などで仕事ができなくなっても、収入がゼロになるリスクを抑えることができます。

 

さらに、自分で稼ぐ経験を持つことで、万が一ビジネスが失敗してゼロになってしまっても、また作り直す力が身についています。

どういうことかというと、会社の仕事は上から指示されて動きますが、個人ビジネスでは全て自分で考えて選択して行動します。だから、自然とビジネススキルが上がるんです。

私-SARA-
私-SARA-
私自身、副業を始めてから本業でもスキルアップを実感。企画系の仕事をしていますが、新しいアイディアがどんどん浮かぶし、効率を重視して仕事ができるようになりました!

 

このため、何十年も先、時代が変わって今やっているネットビジネスが通用しなくなったとしても、大きな抵抗を感じることなく、また新しいビジネスを始めることができるはずです。

会社にしか勤めた経験がない人よりもはるかに有利ですよね。

 

女一人でも生きていくためにネットビジネスをやっておくべき所以はこういうことです。

 

参考:ネットビジネスで稼げないのは向いてないだけ?稼げる人の7つの特徴

まとめ

 

今後、結婚する予定がなく将来が不安なら、まずは副業としてネットビジネスを始めてみましょう。

今は、インターネットで稼ぐことが難しくない時代です。行動できる人だけが自力で稼げるようになります。

 

一人でビジネスを始めて稼ぐことができるようになれば、どんな環境にも対応できる柔軟性を身につけることができます。

それこそが、女性が一人で生きていくためにもっとも重要なスキルではないでしょうか。

 

ネットビジネスの始め方については「ネットビジネスの始め方3STEP♡初心者が0からでも失敗しない方法」で具体的に解説しています。

興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

読んでいただいた印にこちらをポチッとしていただけると嬉しいです♡


OL・お小遣い稼ぎランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

RELATED POST