OLの副業

会社を辞める前に副業は当たり前!?退職後に副業がばれるとどうなる?

会社のお給料に満足していますか?

月々の出費はお給料の範囲内でおさまっていますか?

 

最近では、お小遣い稼ぎや独立を視野に入れて副業を始めるOLがたくさんいます

副業の種類は様々で、ヤフオクやメルカリなどでの不用品販売、ネットで仕事を受注するクラウドソーシング、さらにはブログを運営しているOLも多いですよね。

 

だけど、日本のほとんどの会社ではいまだに副業が禁止されていて、会社にばれないかを心配して副業に踏み切れない人も多いんです。

だからといって、会社のお給料だけに頼り切った生活はあまりにもリスキー!

今や会社を辞める前に副業するのは普通の流れです。

 

そこで、今回は「副業が会社にバレる理由」や「バレたら実際どうなるの?」という疑問について解説してきます。

これから副業したいと真剣に考えている方はぜひじっくり読んでみてくださいね。

 

会社を辞める前の副業は違法じゃないの?

A子先輩
A子先輩
会社が禁止してるのに副業したらクビになっちゃう?

B美先輩
B美先輩
バレたらヤバイけど、バレなきゃ大丈夫でしょ!

そもそも、憲法では「職業選択の自由」があり、どんな職業を選択するかは本人の自由とされています。

 

第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

引用:日本国憲法

 

つまり、大原則として、会社が副業を禁止すること自体が憲法に抵触しているということ。

一方で、会社に入社するときは雇用契約を結びますよね。また、会社には就業規則などがあり、多くの会社ではそれらの中で副業を規制しています。

では、なぜ企業は副業を禁止するのでしょうか?

 

それは、副業の働き方によっては、過労による集中力の低下など本業(会社の仕事)に支障をきたす懸念があるから。

また、本業と副業が同じ業種の場合には、競合関係になる可能性もありますよね。

労災の取扱いが難しくなる面も、会社が副業を禁止する理由です。

A子先輩
A子先輩
要するに、会社は副業することを認めていないけど、法律上は問題ないんだね。

 

参考:副業禁止の理由と副業禁止は日本だけという事実

会社に副業がばれる理由4つ

A子先輩
A子先輩
法律上問題がないのなら、早速副業を始めたいけど、会社にバレないようにするにはどうしたらいい?

会社に副業がバレないように注意すべき点は主に以下の4つです。

 

注意点①:住民税

副業がバレる原因でもっとも多いのが、会社のお給料から天引きされる住民税の金額

住民税の納税方法は、会社のお給料から天引きされる特別徴収です。

そのため、本業と副業のどちらも特別徴収の場合、本業からの収入と副業からの収入両方の税額が会社に通知されることになるんです!

 

つまり、住民税の額を知らせるために、本来はないはずの副業の収入が納税通知書に記載されているので、職場の人事や総務、経理担当者にバレてしまう可能性があるというわけ。

副業がばれるリスクを減らすには、副業の確定申告の際に自分で支払いをする普通徴収を選択しておくことが必要です。

 

参考:副業が住民税でバレないための手続方法

 

注意点②:マイナンバー

マイナンバー制度の導入によって個人の所得を把握することが容易になったため、副業の確定申告をしない場合に税務調査を受ける可能性が高まりました。

税務調査を受けると給与の差し押さえが発生する場合もあるんです!

こうなると、当然会社にも副業がバレてしまい、脱税の疑いで社内で賞罰の対象になることも考えられます。

 

そのため、副業で年間20万円以上の所得がある場合は必ず確定申告を行いましょう

そもそも、納税は国民の義務です。

 

注意点③:インターネットへの掲載情報

 

私がおすすめしている副業はネットビジネスなのですが、ネットビジネスの場合には、サイトなどに掲載した情報から会社に副業がバレるリスクがあります。

たとえば、ネットショップの運営や商品の販売を目的としたメルマガを発行する場合、特定商取引法という法律によって個人の氏名や住所などを明記することが義務付けられています。

そのため、インターネット上に自分の名前や住所などの個人情報を記載しなければならないので、そこから会社にバレるケースも多いんだとか。

 

個人情報を公開したくない場合には、税務署へ個人事業主として開業届を提出することで、インターネットへの掲載情報からバレるリスクを回避できます。

 

注意点④:自分の発言

副業がバレるケースで案外多いのが自分の発言によるもの。

副業がうまくいきはじめると、つい誰かに自慢したくなって仲のよい同僚に話してしまったり、飲み会で酔いが回っているときにうっかり口を滑らせてしまう人も多いようです。

 

副業が軌道に乗って退職することが決まっても、退職するその日まで、決して職場の人には自ら口外しないようにしましょう

会社に副業がばれるどうなるの?

 

副業がバレる可能性をゼロにすることはできないので、副業をすると決めた以上はばれないように細心の注意を払う必要があります。

それでも会社に副業がバレてしまった場合、まず考えられることは、副業を辞めざるを得なくなります。

そうなると、それまで会社のお給料以外にあった収入が途絶えることとなりますよね。

 

就業規則に副業の禁止が明記されている会社では減給や、最悪の場合には解雇されることも…!

お小遣い稼ぎのために副業を始めたのであれば、それが原因で減給や解雇になってしまっては本末転倒ですよね。

また、退職後に副業がばれた場合、退職金の一部返納を求められるケースもあると聞きます。

 

でも、明るい兆しもあるんです!

2017年以降、副業を認める大手企業が話題となり、日本でも副業を認める動きが加速しています。政府も副業認可に向けた準備を着々と進めているようです。

このため、今後は堂々と副業の仕事をできるようになる可能性も高まっています。

 

以下の記事では副業がバレてしまった人たちの実体験を紹介していますので、こちらもあわせて読んでみてくださいね。

参考:副業禁止なのにバレたらどうなる?会社にバレた3人の実話公開!

まとめ

 

今の時代、会社のお給料しか収入がない生活はハイリスクです。

でも、副業を始めれば新たな収入源を確保できるだけでなく、視野が広がったり、今まで以上に責任感を持って仕事に取り組めるようになるなど、自己成長にもつながります。

 

だからこそ、普通のOLこそ副業を持っておくべきです。

会社にばれないように適切な対応さえしていれば、いずれ「副業をはじめて本当によかった!」と思えるときが来ます。

 

では、会社にバレにくい副業は何かというと、やはり在宅で一人できる副業。

その中でも私が色々と実践して、「バレない」という点でも「稼げる」という点でもおすすめできる副業を「実証済!会社にバレずに稼げる副業とその理由」で詳しくお話ししています♪

私-SARA-
私-SARA-

私はOLとして働きながら、ネットビジネスから毎月30万円以上の収入を得ています。

数年前までは、パソコンが苦手な私がネットでお金を稼げるなんて考えていませんでした。

それでも今は住みたかったエリアに住めるようになったり、海外旅行にも定期的に行けるようになりました。

これは「家族やパートナーとの時間を大切にしたい」「自分がやりたいことにチャレンジできる人生を送りたい」という想いをあきらめなかったから。

あなたは会社で働くうちにあきらめかけている目標や希望はありませんか?

ネットビジネスで成果を出せれば、ムリだと思っていた選択肢が少しずつ実現できるようになります。

仕事や家事で自分の時間がない私がどのようにネットビジネスから収入を得られるようになったのかについて、メルマガ(期間限定無料プレゼント配布中)で詳しくお話ししています。

興味があったら登録してみてくださいね♪

▽ メルマガ登録はこちら ▽

>>今すぐ無料で登録する♪

 

 

読んでいただいた印にこちらをポチッとしていただけると嬉しいです♡


OL・お小遣い稼ぎランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

 

>>今すぐ無料登録する♪

 

 

>>こちらをクリック

 

RELATED POST